Blogブログ

tinto*tintoの日常やお知らせ、やんばるの風景や沖縄のおすすめスポットなどをお届けしております。

今帰仁村へのふるさと納税返礼品になりました

[新型コロナウィルス感染拡大防止のため]
2020年4月1日以降に納税を頂くお客様は、ご宿泊の時期によっては、ご朝食の内容やご提供形態をルームサービス朝食プランに変更とさせて頂く場合もございますのでご了承ください。

この度、tinto*tintoが沖縄県”今帰仁村”へのふるさと納税の返礼品に加わることになりました。

今帰仁村のふるさと納税の返礼品としては、特産品であるマンゴーやスイカ、アグーや泡盛が人気です。
あとひとつ忘れてはならないのが、スモールリゾートなのではないかなぁと思うのです。

今帰仁村観光協会のご担当者さんが「今帰仁の魅力は、小さな宿で今帰仁らしい風景を眺めてのんびりして頂くこと」とおっしゃっていて、特産品だけでなく宿泊券の返礼品ラインナップも増やしていきたいとの思いに共感し、今回のお話をお受け致しました。

返礼品として地域の特産品を受け取るのもいい。
でも、実際に訪れて地域の風景や空気を堪能し、地域の飲食店で地元料理に舌鼓を打ち、地域の特産品をお土産にする。そして何より宿泊することで期間限定で地域の一員となる。
納税(節税)もできて返礼品を受けるとともに、こんなにも地域に貢献できることって他にあるのだろうか。

ふるさと納税の返礼品を選ぶ際に「年末に何食べようかな?」ではなく「来年はどこに行こうかな?」と、旅先や宿泊先を選ぶのもいいのでは。ぜひ”宿泊券”も候補のひとつとしてご検討ください。

ご宿泊優待券の内容

ふるさと納税による返礼品「tinto*tintoのご宿泊優待券」の内容は以下の通りです。
詳しくはふるさとチョイスをご覧ください。

(画像クリックで詳細ページにリンクします

ご宿泊優待券内容
今帰仁村への100,000円のご寄附での返礼品となります
オーシャンビュー和洋室ペア1泊朝食付きのご宿泊優待券です
朝食は毎朝1組だけで頂ける「和流食」の朝ごはんです
(※コロナ感染拡大防止対策のためルームサービスの軽食に変更の可能性があります)
今帰仁村を代表する古宇利島を望む風景を楽しむことができます
今帰仁村の画家「運天肇」氏のプリント絵をお一人さま1枚現地でお選び頂けます
ご宿泊除外日がありますので、予めご確認ください
有効期限は発行日より1年間です
(※現在コロナウィルス蔓延のため有効期間は柔軟な延長対応を致しております)

詳しくは、こちらをのぞいてみて下さい。

ふるさとチョイス
[沖縄県 今帰仁村] 返礼品
海と古宇利島を望む和洋室ステイ
お食事:沖縄食材をふんだんに使ったこだわり和琉食朝ごはん付き
寄附金額:100,000円以上でもらえる

ふるさと納税とは

ふるさと納税とは、生まれた故郷や応援したい自治体に寄附ができるきる制度です。
手続きをすると、寄附金のうち2,000円を超える部分については所得税の還付、住民税の控除が受けられます。
あなた自身で寄附金の使い道を指定でき、地域の名産品などのお礼の品もいただける魅力的な仕組みです。
(参考:ふるさと納税とは /ふるさとチョイス)

さいごに

年末の折、ふるさと納税をご検討の方は、ぜひ一度のぞいてみて下さい。
沖縄が大好きな方、沖縄病の方、きっとそれはもう沖縄があなたの”ふるさと”です。

観光客が1,000万人を超えたと賑やかなニュースばかりが目立ちますが、それとともに地域の抱える課題も増え、内容も様々です。あなたのふるさと納税が沖縄の未来を作る、地域の未来を作る、そして自分も楽しめると思うとワクワクしますね。

そして「来年どこかで沖縄に行こうかな」「tinto*tintoに泊まりたいな」と思ってらっしゃる方は、ご自身の節税にもなっちゃいますので、ぜひふるさと納税をご活用ください。

ふるさとチョイス
[沖縄県 今帰仁村] 返礼品
海と古宇利島を望む和洋室ステイ
お食事:沖縄食材をふんだんに使ったこだわり和琉食朝ごはん付き
寄附金額:100,000円以上でもらえる

沖縄に住み始めてはや14年目。
今帰仁村で宿をはじめてもう10年目。
沖縄、そして今帰仁村は私たちにとっての第2のふるさとになりました。

私たちの事業で、地域への税収という形でご協力ができるとともに、地域の観光促進という形でも貢献ができること、こんなにもありがたく嬉しいことはありません。

ご尽力を頂きました今帰仁村観光協会、今帰仁商工会のみなさま、本当にありがとうございました。

Follow me!

The following two tabs change content below.
合同会社ひとつやどおきなわ代表。結婚と同時に沖縄に移住して14年。ウッパマビーチと古宇利島を望む高台で「沖縄のひとつ宿tinto*tinto」を運営する会社を経営中。横浜出身。東京で通信キャリア6年、那覇で旅行情報メディア3年を経てtinto*tintoを開業。2児(10歳♂6歳♂)の父。
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事