Blogブログ

tinto*tintoの日常やお知らせ、やんばるの風景や沖縄のおすすめスポットなどをお届けしております。

琉球ビーグの畳間のちゃぶ台

tinto*tintoは和洋室タイプのお部屋です。
全体で35㎡ある木の風合いを残したナチュラルでどちらかといえば洋風なお部屋なんですが、
4.5畳分だけ小さな琉球ビーグ(井草)の畳間がちょこっとあります。
tinto*tintoのお部屋
その畳間の真中に置いているのが、このちゃぶ台。
マチャン・マチャンの4室にも一回り小さめの色違いが置いてあります。

tinto*tintoのお部屋

宿のOPEN前に、大宜味や本部の手作り市でよくお会いしたクラフティさんに
うちの宿の畳間の大きさやお部屋の雰囲気を伝え、特別サイズで作って頂いたもの。
昨年末に納品頂いていたのですが、一定期間寝かしておいた方がいい色になる
ということで、今月から使わせて頂いている。
4畳半しかないので、大きすぎても主張しすぎるし、
かといって小さすぎても実用性が無い、絶妙な大きさに仕立て上げて頂きました。
tinto*tintoのお部屋
アメリカの大きな家具などを搬送する際にケースとして使われる米松の合板を
加工し、柿渋塗装という塗り方で、丹精をこめて作って頂いた。
1枚板でダイナミックな木目が出るのが特徴。
木目も素晴らしいし、ちゃぶ台の足とテーブル部分の接合も見事で、
とってもきれいに仕上げてくれています。
お部屋のベッドの枠の色とほぼ同じ色。
黒く見えるけど、濃いめの茶色にも見える。
使い込めばどんどんと色も渋みが出てくるそうで、これからが楽しみ。
是非琉球ビーグの畳に座って、泡盛でも飲んで下さい。

公式ホームページもご参考にして下さい
沖縄のひとつ宿tinto*tinto

—————————————————-
 ▼1日1組をお迎えする古宇利島一望のひとつ宿
  沖縄のひとつ宿tinto*tinto
 ▼4室のコテージ風大人の隠れ家
  沖縄の宿 マチャン・マチャン
 ▼沖縄旅行のオススメスポットと沖縄移住ブログ
  沖縄いちゃりばちょ~で~移住記

Follow me!

The following two tabs change content below.
合同会社ひとつやどおきなわ代表。結婚と同時に沖縄に移住して14年。ウッパマビーチと古宇利島を望む高台で「沖縄のひとつ宿tinto*tinto」を運営する会社を経営中。横浜出身。東京で通信キャリア6年、那覇で旅行情報メディア3年を経てtinto*tintoを開業。2児(10歳♂6歳♂)の父。
  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事