Blogブログ

tinto*tintoの日常やお知らせ、やんばるの風景や沖縄のおすすめスポットなどをお届けしております。

工房imaのクリスマスツリー

本土では真冬の寒さということですが、
沖縄でもロンTを着なければ寒いくらいです。
ということで、初夏になろうとしているこの季節に
クリスマスに逆戻りしてみましょうー。
工房ima
昨年の暮れに、恩納村の産業祭りで出会った工房imaさん。
その時に、こんなツリーのランプカバーが欲しいなぁとリクエストしていて、
ついに、いくつかのバリエーションが焼きあがったということで、
恩納村の工房までみに行かせてもらった。
光を灯す時と灯さない時、てっぺんにちょこんとのせるコンペイトウの
ような星をのせる時、のせない時でそれぞれ雰囲気が異なり、あーでもない
こーでもないと言いながらじっくりと選ぶ。
普段はまったく好みの違う僕ら夫婦なんですが、この時は珍しくピンとくる
ものが一緒だったので、ひと悶着もなくすんなり決定。
最近ではハイハイが上手になった颯汰も、我も選ぶとばかりに
高速ハイハイで作品に一直線。
工房ima
つかまり立ちも大好きなので、棚に手をかけ陶器に手を伸ばす。
床に放し飼いをすると興味の赴くままに突進していくので、この年頃の
子を陶芸の工房なんかに連れて来てはいけないね・・・
でも、imaさんが颯汰をとっても可愛がってくれるので颯汰は終始御機嫌。
imaさんにも少し先輩のお子さんがいらっしゃるので子育て話なんか
ゆったりとしながらの陶器選び。
ほんと、この工房とimaさんの人柄に癒されます。
工房ima
買った作品は、こんな風にきれいに風呂敷に包んで丁寧に渡してくれる。
自分で丹精を込めて作った作品を人に受け渡すんだから、自分の子供を
手放すようなもんなんだろうけど、どんな気持ちなんだろう。
僕らも、こんな心のこもった受け渡され方だと、いつも以上にもっともっと
大切に使いたい、きれいに飾りたいと思うものです。
夏ごろオープンする予定の我が宿。
今年のクリスマスが既に楽しみです。

Follow me!

The following two tabs change content below.
合同会社ひとつやどおきなわ代表。結婚と同時に沖縄に移住して14年。ウッパマビーチと古宇利島を望む高台で「沖縄のひとつ宿tinto*tinto」を運営する会社を経営中。横浜出身。東京で通信キャリア6年、那覇で旅行情報メディア3年を経てtinto*tintoを開業。2児(10歳♂6歳♂)の父。
  • コメント ( 4 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. 工房ima

    先日は寒いなかありがとうございました。
    そうたくん、しばらく会わないうちにずいぶん成長しましたね!!
    これからますます楽しみなお子さんとお宿、私もどちらも楽しみにさせていただきますね!!
    ちなみにうちの工房はお子さん大歓迎ですので気にせずまた遊びにいらしてくださいね~。

  2. ■工房imaさんへ

    ■工房imaさんへ
    こちらこそお忙しいのにお相手して頂いてありがとうございました。
    また、たくさんサンプルを作って頂いて感謝しています。
    また宿がOPENする前にでも遊びにいこうかなと思います。
    では、名護のまんまる市で、みなさまにお会いできるのを
    楽しみにしております!!

  3. ティアナ

    私も先日 工房imaさんに行きました。
    その時、このツリーに灯りを灯して見せて頂きました。
    お宿の注文だと聞きましたが、ココだったのですね。
    ラッピングも素敵で、私も感動しました。

  4. ■ティアナさんへ

    ■ティアナさんへ
    コメントありがとうございます!
    そうですかー、imaさんに行かれたんですね。
    去年のクリスマス前に、来年用に、とお願いしていたのです。
    いくつも並ぶとかわいくて全部買いたくなってしまいました。

関連記事