Newsお知らせ

tinto*tintoからのお知らせです。

[大切なお知らせ]5月末まで臨時休館を延長致します

新型コロナウイルスの感染拡大防止に伴う臨時休館延長のお知らせ

更新情報
2020年5月4日:全国に拡大された緊急事態宣言が5月末まで延長されたことを重く受け止め、tinto*tintoの臨時休館も5月31日まで再延長させて頂きます
2020月4月16日:沖縄北部にも感染者が確認され、名護市や今帰仁村の小中学校の臨時休校もGWの5月6日まで延長されました。東京都など大都市圏における緊急事態宣言についても同日程であることを鑑み、tinto*tintoの臨時休館期間も5月6日まで延長させて頂きます。

5月31日まで休館を延長致します

tinto*tintoは、新型コロナウイルス感染拡大防止のため4月8日から臨時休館をしておりましたが、今回の緊急事態宣言の延長に伴い、5月31日まで臨時休館を延長させて頂くことに致しました

運営再開は6月1日を予定しておりますが、今後の状況を見極めた上で判断致します。休業期間中のご予約を頂いたお客様へは、全額払い戻しをさせていただきます。順次ご連絡いたしますので、今しばらくお待ちくださいませ。

以下、私たちの思いです。

緊急事態宣言が延長されました

新型コロナウィルスの感染拡大に備えるための緊急事態宣言が5月31日まで延長されることになりました。

現在指定されている13都道府県の特定警戒地域では引き続き営業自粛や不要不急の外出制限が継続しそうですが、それ以外の地域では地域の実情に合わせて少しづつ緩和され社会経済活動が部分容認されていくそうです。

沖縄に関してはここ数日、新たな感染者数がゼロの日が何日か続いており(5月4日時点)、そのまま収束に向かって欲しいものですが、いずれにせよ県内で制限が緩和されたとしても、いわゆる「3密」を避けること、そして県境をまたぐ遠出については引き続き自粛要請が継続されていきます。

沖縄に来たとしても、観光地はもちろん、飲食店やお土産屋さん、そしてビーチまで閉鎖されていることが多いのが現状です。少しづつ緩和の方向では進むのだと思いますが、あくまで”県境をまたく遠出”を自粛すべきということで、県外のお客様がほとんどである当宿は、沖縄とそしてのどかな小さな村を守るためにも、引き続き休館すべきであろうと判断しました。

ご旅行を楽しみにしていらっしゃったお客様には大変申し訳ない次第でございますが、また落ち着いたらぜひ遊びにいらっしゃって下さいませ。

無自覚に感染を広げるもしくは限られた医療リソースを奪ってしまうリスク

今は、県間の移動をし沖縄に来ることは感染リスクが高いという「来たら感染するリスク」というより、「無自覚に感染を広げてしまうリスク」と合わせて、医療体制の十分でない沖縄で、もし旅行者さんに事故や病気が起こってしまった場合に、限られた医療リソース(病床や医療従事者など)を奪うことにつながり、本来助かる命が助からなくなる可能性があることを最優先に考えねばならないのだろうと思います。

お客様を守るため、スタッフと私たち家族を守るため、それはもちろんですが、緊急事態宣言が出された地域のお客様を多くお迎えしているtinto*tintoとして、医療リソースの非常に乏しい沖縄北部に、もしかしたら「無自覚に感染を広げてしまう」もしくは「医療のリソースを奪ってしまう」リスクを最小限にする責務があるのではないかと考えました。

そのためtinto*tintoは5月末まで宿としての休館を延長することと致しました。

正直、お迎えできる準備は整っているし、喉から手が出るほどお客様に来て欲しい。本来ならば、あらゆる手段を使ってでも「来て下さい!」と言い続けたい。そんな中で、自ら宿を閉める判断をし、そしてあろうことか「来ないで下さい!」と言わざるを得ない今の状況を、一刻も早く終わらせるために決断を致しました。

また、本来であれば「こんな時期にお越し頂き心から本当にありがとう」とお伝えしたいはずなのに、少し距離をとってサービスをせざるを得ないもどかしさや申し訳なさを感じてしまうのです…。もしかしたらお客様にとっても不完全燃焼な部分もあるのかもしれない。そんな側面もあってそれならと、思い切って閉めることにしました。

withコロナの時代へ

私たちの業態上、「沖縄に来ないで」「泊まりに来ないで」なんて口が裂けても言えないものです。でも言わなくてはいけない時期なんだろうとも思います。沖縄で観光業に携わり14年。こんなことを言わなくてはいけない日が来てしまったのかと思うと愕然としていますが、沖縄を思えばこそ、沖縄に来たいお客様を思えばこそ、そしてまた心から「沖縄にめんそーれ!」と言える喜びが一刻も早く訪れることを願っての休館となります。

また、休館期間以降についても先日お知らせした、カフェルームでの朝食プランの新規ご予約受付停止も、コロナの状況改善とtinto*tintoの体制が整うまで引き続き継続していきます。

もうビフォーコロナには戻れないかもしれないし、アフターコロナというより”withコロナ”だとも言われています。私たちはこの休館中に、”withコロナ時代”にどんな価値をご提供できるのか、新しいtinto*tintoはどうあるべきなのか考え行動に移すいい機会と捉え既に動き出してもいます。そしてまた始業式と入学式を迎えることも叶わない息子たちと過ごせる絶好の機会とも捉えています。

皆さまにおかれましても窮屈で困難な時期かとは思いますがどうか健康第一、感染防止第一でお気をつけてお過ごし下さい。10年間ご愛顧頂いてきたtinto*tintoをこれからも細く長く続けていくための判断です。何卒ご理解を頂けるととっても嬉しいです。

またこの青い空の下、青い海の前で皆さまにお会いできることを楽しみにお待ちしております。

2020年5月4日
合同会社ひとつやどおきなわ
代表 江本 祐介

The following two tabs change content below.
合同会社ひとつやどおきなわ代表。結婚と同時に沖縄に移住して14年。ウッパマビーチと古宇利島を望む高台で「沖縄のひとつ宿tinto*tinto」を運営する会社を経営中。横浜出身。東京で通信キャリア6年、那覇で旅行情報メディア3年を経てtinto*tintoを開業。2児(10歳♂6歳♂)の父。