Blogブログ

tinto*tintoの日常やお知らせ、やんばるの風景や沖縄のおすすめスポットなどをお届けしております。

ロゴと名刺とショップカード

プレOPEN、グランドOPENしてから何ヶ月たつんだ~、
という感じですが、ようやく名刺とショップカードが刷り上がりました。
今回、沖縄で夫婦で広告やパンフレットの企画制作・編集・取材などを
やってらっしゃるアイデアにんべんの黒川さんご夫婦にお願いしました。
ほんと、大人気のプランナーさん、ライターさんなので、やってらっしゃるお仕事を
前々から拝見していて、僕らなんかがお願いしていいものなのかと躊躇しましたが、
目をつぶってエイヤ!とお願いしてしまいました。
できあがりの、ショップカードと名刺。

既にWebやブログではちょこちょこ登場させてもらってますが、
もちろん、ロゴからお願いしています。
僕らがプレOPENして間もない頃に、お声かけさせて頂いて、
まだまだ宿への思いや、今後拡がっていくであろう展開なども、
はっきりとしないまま、とりとめのないざっくばらんとしたお話の
中からまとめて頂いたイメージから、ご提案頂いたロゴ。
今回の依頼はtinto*tintoをメインとしたものでしたが、
切っても切り離せないマチャン・マチャンも含めた形のロゴ提案。
この五角形にはいくつか、こんな意が込められています。

             ・tinto*tintoの“ひとつ宿”の1軒家をイメージ
             ・tinto*tintoとマチャンマチャンの合計5室の五角形
             ・沖縄の言葉で“天と空”を意味するtinto*tintoのお部屋「空」、
              そして、マチャンマチャンのお部屋「月」「花」「海」「風」の計5色。
             ・インドネシア語で「いろいろな」を意味するマチャンマチャンの
              いろいろな色(芝生の色、瓦屋根の色、空の色、海の色、花の色)。
             ・五角形の窓をのぞくとその先に見えるのは・・・

と、いろんな思いや意味をさっと汲み取って頂き、1つのカタチにして頂いた。
2つの宿を統合して運営するようになってからも利用できる、総合的なロゴ。
tinto*tinto単独のロゴも、沖縄の意で「天と空」を表す宿名なので、
雲や翼をあしらって頂いた。
そんなロゴが表面に描かれたショップカードをめくってみると、

開くと、片面はtinto*tinto、もう片面はマチャンマチャンといった具合。
限られたスペースに、それぞれのお部屋のイメージとコピー。
料金やスペックなどは無しにして、
中央には、両宿から眺められる古宇利島とその周辺の海。
そして、中央下に書かれているコピー。
さすがクロカワさん達だなぁと思わせるトコ。
耳をすますと
海や空、
風、花、月の
ささやきが
聴こえる。
鳥の鳴き声、
虫のささやき。
波の音も
届きます。
うん、これはスゴイなぁ。
僕らが伝えたいのはやはり、ここなのかも。
施設や立地、料金ではなく、来て頂くとどういう状態になれるのか。
それが、伝わってくる気がする。
紙は視覚で見るものだけど、このカードを開くと、
聴覚と嗅覚も使って感じることができそうな、そんな気がするのです。
こちらは名刺の裏。

名刺を渡す時に、うちに来て頂くとこういう感覚になれるという、
ショップカードの役割を少し担ってもらいたくて、お部屋ではなく、
宿から見える風景にして頂いた。
名刺をお渡しする時に、宿の雰囲気のお話や、
地図を見ながらアクセスや立地のお話もできるように。
古宇利島の上に書かれた平仮名の「おきなのひとつやど」も
気にいっている個所で、僕らが付けた宿のネーミングが、
ちょいと手を加えるだけで、なにかかっこいいキャッチコピーのように
なってしまう。
古宇利島とウッパマ沖の海とこのコピーがうまくマッチして、
宿そのものの印象をやわらかい雰囲気にしてくれるんだなぁ。
アイデアにんべんさんのお言葉を少しお借りして、
人に思いっきり関わり、人と一緒になって想像して伝えていく。
何を「伝える」か、どうすれば「伝わる」か。
『人』と一緒に『伝える』という作業を、
真摯に真剣に取り組んでらっしゃるお二人から出てくる案はもちろん、
小さな1つ1つの対応というのにも、毎度毎度ホントに感激しっぱなし。
同じ土俵でいうのもおこがましいことですが、
僕らも宿を通して、これから発展していくであろう様々なコトから、
“何か”を伝えていきたいという思いを強くした。
今回はこれだけでしたが、これからも、思いや展開が広がってきたら、
いろんなことを一緒にやっていけたらなぁ~と勝手に期待。
そんな、なんとこれだけでも半年以上を要したロゴ作り、名刺作りと
ショップカード作りでした。
空室確認とご予約はこちらから。
tinto*tinto空室確認とご予約
—————————————————-
 ▼1日1組をお迎えする古宇利島一望のひとつ宿
  沖縄のひとつ宿tinto*tinto
 ▼4室のコテージ風大人の隠れ家
  沖縄の宿 マチャン・マチャン
 ▼沖縄旅行のオススメスポットと沖縄移住ブログ
  沖縄いちゃりばちょ~で~移住記

Follow me!

The following two tabs change content below.
合同会社ひとつやどおきなわ代表。結婚と同時に沖縄に移住して14年。ウッパマビーチと古宇利島を望む高台で「沖縄のひとつ宿tinto*tinto」を運営する会社を経営中。横浜出身。東京で通信キャリア6年、那覇で旅行情報メディア3年を経てtinto*tintoを開業。2児(10歳♂6歳♂)の父。
  • コメント ( 2 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. nori

    ステキな名刺とショップカードですね~♪
    お二人のあったかい想いがキチンと伝わり、形になり、出来上がる。
    ものを生み出すチカラってすごい!
    こちらのブログで知った運天さん。
    『波のりなんくる』の絵にイタク感動し、大阪に来られると知り、
    「つながり展」におじゃましてきました。
    ほのぼのした中にグッとくるものがありました。
    tinto*tintoさんのお宿でも、たくさんの方が癒され幸せな
    想いに満たされていることと思います♪
    ステキなお宿も夏本番ですね~頑張ってください!

  2. ▼noriさんへ

    ▼noriさんへ
    コメントありがとうございます!
    思いをカタチにするという作業はホント骨の折れることです。
    それは運天肇さんのようなアーティストも同じですよね~。
    本当に尊敬してしまいます。
    運天さんから大阪に行くと聞いていたのですが、
    お会いできましたか?
    うちの近所にお住まいなのでnoriさんのことも、
    またお話しておきますね!
    早く夏よ来い!と切望していましたが、
    早速暑さに滅入っています(笑)

関連記事