Blogブログ

tinto*tintoの日常やお知らせ、やんばるの風景や沖縄のおすすめスポットなどをお届けしております。

空に続く階段

家と宿の建築の方は、第1回目のスラブ打ちも終わり、
型枠外しも終了し、今は1階部分のコンクリート打ちっぱなし状態に。
現在は、2階部分の型枠組みのため、足場を組んでるような状況。
今回の宿建築の目玉は、2階テラスに上がれる階段を設けたこと。

マチャン・マチャン新館建築

今のところ、周囲の木々が邪魔してそれほど眺望はよくないけど、
周辺の道路工事や、マチャン・マチャン側の木の伐採状況によっては
好転していくかも。
ここは客室棟の屋上部分。
当初は芝生テラスにでもしようかという案もあったんだけど、
お客さんの棟の上の芝生で、管理上問題は無いかといろいろと考えた結果、
他の断熱効果のある施工にしようということに。
マチャン・マチャン新館建築
2階テラス部分にはカウンター席を設けて、宿泊のお客様に海を見ながら
ビールやコーヒーを飲んでもらえるようにしたり、いつか余裕ができた
頃にはカフェでもやれたらと思ってみたり。
その階段を上ったカウンター席あたりから海とは逆方向を見ると、
マチャン・マチャン新館建築
マチャン・マチャンの母屋兼カフェ棟、客室の月花棟、客室の海風棟と
庭が、今までと違うアングルで全棟写るように。
今までマチャン・マチャンは全棟写る外観を抑えるのが難しかったんだけど、
少し違う雰囲気でとらえられるようになるかも。
2階部分の型枠を作り、2度目のスラブ打ちでコンクリート流し込みが
終わると、躯体工事も終わり。
いよいよサッシ戸や内装のステージに入っていきます。

Follow me!

The following two tabs change content below.
合同会社ひとつやどおきなわ代表。結婚と同時に沖縄に移住して14年。ウッパマビーチと古宇利島を望む高台で「沖縄のひとつ宿tinto*tinto」を運営する会社を経営中。横浜出身。東京で通信キャリア6年、那覇で旅行情報メディア3年を経てtinto*tintoを開業。2児(10歳♂6歳♂)の父。
  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事