Blogブログ

tinto*tintoの日常やお知らせ、やんばるの風景や沖縄のおすすめスポットなどをお届けしております。

今帰仁すいかのお座布団

tinto*tintoがある沖縄北部の今帰仁村はスイカの産地。
毎年12月ごろから出荷がはじまります。
「今帰仁の駅そ~れ」では、GWあたりには、
ズラリと今帰仁スイカが並んでいました。
包丁の刃を皮にサクッとといれるだけで
バリバリっと割けていく新鮮さ。
甘さも十分でした。

ここ、スイカの産地今帰仁にある、
今帰仁の駅そーれで、そんなスイカを買うと、
袋に入れてくれる時にスイカを新聞紙で作った、
少しくぼみのあるお座布団に座らせてく入れてくれる。
車に乗せてもゴロゴロゴツンゴツンしないように。
何か水晶玉でも扱うように。
大切に育てた作り手さんの気持ちを、
売る人も十分に分かってるんだなぁと、
心が温かくなる。
作り手と売り手が近いからこういうことができるのだなぁ。

もっとも、今帰仁村にとって、
スイカとは水晶のようなものですもんね。
旧盆にご先祖様に、スイカをお供えする時に、
藁などで作った輪っか(ガンシナー)にスイカを置く
そうなのですが、それの新聞紙バージョンなのでしょう。
ご先祖様があの世にスイカを持ち帰る時に
使われるものだそうですが、
ご先祖様と同じようにして、
スイカをおうちに持って帰らせてくれる、
なんて素敵なことなのでしょう。
同じ買うならこんな気持ちのところで買いたいものですねぇ。
ここのところのご朝食でもスイカの登場率は高いですよ~。
★オススメ★
毎日のブログ更新が目標ですが、なかなかそうもいきません・・・
FacebookとTwitterはほぼ毎日数回更新していますので、
是非「フォロー」や「いいね!」お願い致します。
沖縄のこと、宿のこと、優先的にリアルタイムに発信中です。
tinto*tintoのFacebookページ  tinto*tintoオーナーのTwitter
只今、8月末までのご予約を受け付け中。
9月のご宿泊予約は6月1日のAM0:00より。
空室確認、ご予約はこちらから。
tinto*tinto空室確認とご予約
—————————————————-
 ▼1日1組をお迎えする古宇利島一望のひとつ宿
  沖縄のひとつ宿tinto*tinto
 ▼4室のコテージ風大人の隠れ家
  沖縄の宿 マチャン・マチャン
 ▼沖縄旅行のオススメスポットと沖縄移住ブログ
  沖縄いちゃりばちょ~で~移住記

Follow me!

The following two tabs change content below.
合同会社ひとつやどおきなわ代表。結婚と同時に沖縄に移住して14年。ウッパマビーチと古宇利島を望む高台で「沖縄のひとつ宿tinto*tinto」を運営する会社を経営中。横浜出身。東京で通信キャリア6年、那覇で旅行情報メディア3年を経てtinto*tintoを開業。2児(10歳♂6歳♂)の父。
  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事