「あたらしい沖縄旅行」韓国版

「あたらしい沖縄旅行」
「あたらしい沖縄旅行」に掲載して頂きました
(日本語版に掲載時の記事)
その韓国語版が出た、と
著者のセソコさんからお知らせがあった翌日、
実際に翻訳をされたという
韓国の女性社長さんが
ふらりと訪ねていらしてくれて、
読めもしない韓国語版の本をぺらぺらと
めくらせて頂きながら雑談をさせて頂いた。
(雑談っていうか、
もしかしたら取材だったのかなぁ 笑)
こちらが表紙。

表紙の雰囲気も少し違うけど、
本の開きも右から左ではなくて左から右、
文字の並びも縦書きではなくて横、
レイアウトもそれにあわせて若干違う。

なんだか違う本みたいだけど、
翻訳者さんが言うに、
当たり前だけど、
「著者さんのあたたかみのある文章を
そのまま忠実に訳した」、んだそう。
「韓国は今、雰囲気的に落ち込んでいるから、
この時期に『あたらしい沖縄旅行』韓国語版が
出ることはいいことだ」、とも。
「改めて、人の暖かさだとか、
生活スタイルだとか、
そういうものに焦点をあてた旅行本が
韓国にはぴったりだ」、と。
韓国の大手書店で注目書として
スペース確保されるんだそう。
本家の「あたらしい沖縄旅行」のおかげで
去年夏の発刊から、
ありがたいことに多くの出会いを頂いて、
本当に感謝しているのだけど、
今回の韓国版でも、
早速、翻訳者さんとの出会いも頂いたりして、
そんな素敵な出会いがたくさんあるといいなぁ。
著者のセソコさん、
翻訳者のパクさん、
それから関係者の皆様、
本当にありがとうございました。
★オススメ★
ブログの内容は、基本リアルタイムで先に
FacebookやTwitterで更新している記事が多いです。
是非「フォロー」や「いいね!」お願い致します。
沖縄のこと、宿のこと、優先的に発信しています。
登録していない方でもご覧になれます。
tinto*tintoのFacebookページ  tinto*tintoオーナーのTwitter
空室確認、ご予約はこちらから。
tinto*tinto空室確認とご予約
—————————————————-
 ▼1日1組をお迎えする古宇利島一望のひとつ宿
  沖縄のひとつ宿tinto*tinto
 ▼4室のコテージ風大人の隠れ家
  沖縄の宿 マチャン・マチャン
 ▼沖縄旅行のオススメスポットと沖縄移住ブログ
  沖縄いちゃりばちょ~で~移住記
The following two tabs change content below.
沖縄で小宿を経営している2児(8歳♂4歳♂)の父。結婚と同時に沖縄に移住して12年。ウッパマビーチと古宇利島を望む高台で「沖縄のひとつ宿tinto*tinto」をやっています。横浜出身。東京で通信キャリア6年、那覇で旅行情報メディア3年。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

nineteen + eighteen =