『ELLE(エル・ジャポン)』8月号に掲載

世界43カ国で刊行されている女性誌、
『ELLE(エル)』の日本版「エル・ジャポン」。
本日発売の8月号の中に、
「暮らす、旅する ふたつの沖縄」
と題した特集が組まれており、
ありがたいことに、tinto*tintoにもお声掛け頂き、
掲載をして頂きました。
お声をかけて頂いた編集者さん、ライターさん、
素敵に撮って頂いたカメラマンさん、本当にありがとうございました。

エル・ジャポン8月号「暮らす、旅する ふたつの沖縄」特集
沖縄の南部、中部、北部に拠点をかまえた
著名人の皆様が、それぞれの目線で、
それぞれの地域の雑貨やカフェなどをご紹介し、
“暮らす”ことをテーマにしたPART1と、
私たちのような、誌面上では“アコモデーション”と
呼ぶ、小さなプライベート感覚を重視した“宿”
を皮きりに、スローに楽しんで元気をチャージできる
新しい沖縄を“旅する”ことをテーマに、
カフェ、料理屋、雑貨などを掲載したPART2。
そして、Part3には離島のこと。
こんなセレブ女性向けの雑誌に縁遠い私たちが、
こんな素敵な特集に載せて頂いてよろしいのか・・・
また、PART2の最初のページ1面のイメージカットに、
tinto*tintoのお客様のお部屋から海を望む風景を
採用して頂き、これも私たちでいいのか・・・
と恐縮続きですが、
うれしく、ありがたい気持ちでいっぱい。

右側のページはtinto*tintoのお客様のお部屋からの風景
ただ、セレブ女性がイメージのELLE(エル)といえども、
今回の特集は、きらびやかな高級リゾートホテルや、
大きなの観光施設、そして青い海や空だけを強調するような
リゾート沖縄ではない。
3.11以降、名のある人たちが、
多く沖縄に拠点を移すことも手伝って、
そのような方々など、
沖縄の地に足を付け根を張っている人から見た、
シンプルでナチュラルな小さなスポットを
多く扱っている気がする。
セレブ女性向けの雑誌でも、
このような特集の組み方がされる時代になったのだなぁ。
これは、最近の流れなのですね。
それはさておき、実際に沖縄に住んでいる方々のお話あり、
私たちが好んでいたり、知り合いだったりのお店やモノがあり、
と、35ページにわたるボリュームもたっぷり内容も充実で、
かなりの見ごたえ。
ちょっとしたガイドブックにもなっちゃいます。
本日から書店に並んでいると思いますので、
見かけたら是非お手にとってめくってみて下さい。

エル・ジャポン8月号。表紙は当然ファッション誌!
表紙は沖縄がイメージされたものではないので、
お気を付けを!(笑)
そこはしっかりと海外セレブのファッション誌ですからね!
では、本当に本当にありがとうございました。
感謝感謝の言葉しか見つかりません。。
★おねがい★
毎日のブログ更新が目標ですが、なかなかそうもいきません・・・
FacebookとTwitterはほぼ毎日数回更新していますので、
是非「フォロー」や「いいね!」お願い致します。
沖縄のこと、宿のこと、優先的にリアルタイムに発信中です。
tinto*tintoのFacebookページ  tinto*tintoオーナーのTwitter
只今、9月末までのご予約を受け付け中。
10月のご宿泊予約は7月1日のAM0:00より。
空室確認、ご予約はこちらから。
tinto*tinto空室確認とご予約
—————————————————-
 ▼1日1組をお迎えする古宇利島一望のひとつ宿
  沖縄のひとつ宿tinto*tinto
 ▼4室のコテージ風大人の隠れ家
  沖縄の宿 マチャン・マチャン
 ▼沖縄旅行のオススメスポットと沖縄移住ブログ
  沖縄いちゃりばちょ~で~移住記
The following two tabs change content below.
沖縄で小宿を経営している2児(8歳♂4歳♂)の父。結婚と同時に沖縄に移住して12年。ウッパマビーチと古宇利島を望む高台で「沖縄のひとつ宿tinto*tinto」をやっています。横浜出身。東京で通信キャリア6年、那覇で旅行情報メディア3年。

Leave a Reply